動物病院の就業規則、労務管理について

曖昧になりやすい就業規則、これが機能していないとき有事の際思わぬ落とし穴に陥りトラブルが多発してしまう、そんな可能性もあります。社労士に作ってもらった場合でもトラブルは起こりうるもの、そんな動物病院の労働基準について考えてみるのをおすすめいたします。

その就業規則は本当に機能するもの?

動物病院,労務

現在新しいライフスタイルを検討しなければならない程に社会は変わりつつあります。
特に医療現場は崩壊などとも言われており、その余波は今動物病院にも届きつつあるのです。
もちろん社労士に作ってもらったりなど、しっかり就業規則を組まれているところが殆どですがいざ予測しえないものがでたり有事の際はどこまでそれら就業規則が機能するのか?それは誰にも予測できないことなのです。
ですがそれらの有事はこちらの都合は考えてくれないもの、いざ起こった場合迅速に対応するほかなく、いま動物病院でもそうした動きが必要になっています。
人間社会でおこった有事が動物病院など対人間でないところまで及んでいる、いま二体就業規則について見直して破綻しないようにしなければならない、現在踏ん張りどころともいえます。
こうした就業規則は現場にこそ関わってくるものであり、経営者目線から見ると不透明なことが多く、「どうせ大丈夫だろう」と見直しを検討しない場合どんどん現場に負担がでてきます。
この結果負担がピークに達した現場から人が減っていき、そのままそこの現場には誰も残らず結果そこは破綻してしまう、それまで気づけなかった経営者自身も破綻してしまいます。
現場の状態を知らずモチベーションを維持できない、そんな就業規則を続けてしまうといずれ経営者自身も破綻してしまうので、有事を感じ取った際はしっかり見直すことが必要です。
その姿勢を見ることで現場の方々もモチベーションが向上し、その分現場での力が発揮されるようになっています。
ここら辺を怠ってしまうと経営者の方がいざ指揮を取ろうとしても「結局口だけしか出さない」という最悪な印象を持たれかねないものです。
そのためにも早めに就業規則を見直し、有事でもきちんと機能し納得のできる雇用環境を作ることが必要になってきます。
現在動物病院を取り巻く労働環境はトラブルが多く、従業員、スタッフの雇用契約、残業代などの問題が取り上げられています。
残業代未払いや有休消化について多くのトラブルが出ており、それをきちんと解決できていない企業も多くなっています。
また場合によっては動物病院では就業規則すら設けられていない場合もあり「問題が起きていない内は大丈夫」という怠慢な態度を従業員などに対して示しているようなものなので、それは避けたいところです。
なんらかのトラブルになった場合十分な解決が出来なかった時に、しっかり就業規則を設けそれに準じた誠実な対応をしていた時と比にならない程の損失がでてしまうという状況にもなりますので、絶対にここは怠慢になってはいけないものとなっています。
集団訴訟などになってしまった場合、経営者にとって経済的損失は数千万に昇る場合もあるのです。
動物病院の業界自体労務管理についてはあまり発展してこず、残業問題なども疎い部分が多いかもしれないです。
しかし動物病院を開業し、採用を行った時点でそれは立派な経営です。ルールを就業規則に反映し、従業員に周知するよう動かなければ生き残っていけない、そんな時代にもなりつつあります。

実態にあった就業規則でないと意味がない

動物病院,労務

実際に社会保険労務士に依頼し、それで就業規則を作る、またはネットで見たひな形を単純に利用する、それで安心を得るかもしれませんがそれはあくまでもその時だけのものでいざ動物病院が稼働し、実態がわかってくるとそれだけでは不足の点が多すぎる、そんなことも多々あります。
とくに機能していない就業規則は置いておいても意味をなさず、特に経営側と現場が離れているような場合現場の状態を見ずにその就業規則を続けていくことはトラブルの原因になりえないのです。
安易に作ってしまったがゆえに逆に事実との相違が問題となりトラブルが多発してしまう、また有事の際に十分な対応ができなくなり現場から人が消えてしまう、最悪集団訴訟という形になって大きな損失を出してしまう、そんなことも十分にあるのでその都度現場の状態を観察し、慎重な判断を下すよう動かなければならないのです。
働き方改革や残業問題など最近の世論を見ても業界における労務管理は重要性を高めているのがわかります。
このへんがまだ動物病院は遅れている傾向があり、本来同様に改革を進めなければならないところストップしている部分もあります。
いままだ就業規則を作成していない獣医師さんはすぐに行うこと、また就業規則を安易なものにしてしまっている場合は作り直すことも検討する、それらを行わなければ現在の改革についていけず、そのまま事業が破綻してしまう可能性もあります。
経営において事業の破綻はあってはならないこと、いまの社会に見合った就業規則を見直すためにも、しっかりプロの方と相談し新しい就業規則の打ち出しの検討をおすすめいたします。
実態に則った適切なものがわからない、いまから就業規則を作るがどんなものを作ればいいかわからない、考えはしたものの労働基準を満たせているのかが不安…そんなときにもサポートしてくれるプロの支援者がいます。

動物病院にきちんとした就業規則を作るメリット

動物病院,労務

就業規則はトラブルを未然に防ぐだけのものではなく事前にしっかり労働環境を整えておくことで従業員、スタッフのモチベーションが守られそれが敬意として経営者にかえってきます。
適切な対応をしてくれる働きやすい職場環境はデメリットはなく、長きにわたる経営を行う上で大切なものです。
他の動物病院に比べるとしっかりと規則が作られている、それは悪い印象ではけしてなく、しっかりした労働環境であるという示しにもなりますので、遅れている動物病院業界だからこそ意識的に就労規則の改善をおすすめいたします。
日頃の業務にも士気が高く、適切な指示を出せる現場は効率アップにもなり、また従業員やスタッフの怠慢が見えれば威厳を保ったまま指示を出せるようになるものです。
上に敬意がない場合、その現場自体不安定になりますが、敬意や威厳を保てるように規則をたてることで納得からくるモチベーションが得られ、いい効果をいくつも生み出し安定した経営をすることができます。
きちんとした就業規則を作成するのは有用性が高いことです。
ではここで就業規則作成のポイントですが、労働基準を満たした内容とすること、実態に合った内容にすること、もっともらしい内容であってもあれこれ謳うことをやめることです。
特に実態と合っていることが重要で、世間的、一般的なものばかり見るのではなくしっかり現場を見据えるなど、現実的に実態を受け止める必要があります。
ですがこうしたポイントはおさえていても実際これらを完璧に盛り込んだ就業規則を作るのは難しいです。
特に法律に関する部分を完璧に理解する、これが不安な部分です。
しかしそれらをサポートし、相談をうけてくれる支援もありますので不安な場合は気軽に相談できるようになっています。
本当に適したものを作れているか?実態に則ったものを作れているか?不安な点をサポートしてくれます。